犬・猫・小鳥・うさぎ・フェレットの病院 星川動物病院 612-2211

 
■猫の病気

診療案内
フェレットについて
犬について
猫について
ウサギについて
ハムスターについて
鳥について
フォトアルバム

リンク
掲示板
お問い合わせ
トップページへ

猫と人間の年齢比較表
1ヶ月半 4才 9年 52才
3ヶ月 6才 10年 56才
6ヶ月 10才 11年 60才
9ヶ月 13才 12年 64才
1年 15才 13年 68才
1年半 20才 14年 72才
2年 24才 15年 76才
3年 28才 16年 80才
4年 32才 17年 84才
5年 36才 18年 88才
6年 40才 19年 92才
7年 44才 20年 96才
8年 48才 21年 100才
慢性腎不全
  年老いた猫が起こす代表的な病気の一つです。
腎機能が徐々に失われ、正常な機能の1/4以下の状態になった時に初めて症状が現れる病気ですので、飼い主の方が気づく頃にはかなり進行している場合が多いです。
食べる量は変わらないけれど、徐々に体重が減少し、飲水量が増え、おしっこが多くなった場合は要注意です。
慢性腎不全にかかると残念ながら完治はしません。
しかし輸液治療や食事療法によって最後まで快適な生活を送らせてあげられる事ができますのであきらめずに治療してください。
現在ワクチンで予防できる病気
  猫伝染性腸炎、猫カリシウイルス感染症、猫伝染性鼻気管炎、猫白血病ウイルス感染症、クラミジア感染症
有効なワクチンがなく確実な治療もないやっかいな病気
 
  • FIP(猫伝染性腹膜炎)
    2つの型があり、胸部や腹部に液体が貯まってくるウェットタイプと液体が貯まらず臓器をおかすドライタイプがあります。
    血液中の抗体価を図ることによって診断できますので新しく猫を飼う場合は検査するとよいでしょう。

  • FIV(猫免疫不全感染症)
    免疫機能が異常を起こす病気で、人間のエイズと似ているところから、別名猫エイズと呼ばれています。
    この病気はいろいろな症状を起こします。特に口内炎の症状はひどく、餌を食べるときに痛がるので食欲が減少してしまいます。
    FIPもFIVもけんかの傷や唾液を介して感染しますので、外に出る猫や野良猫に感染率が高いです。
    この2つの病気は現在発症していなければ急に死亡することはないので、日頃からの体調管理に気を付けて見てあげることが大切です。
猫の発情
  猫の排卵は発情中の刺激によって排卵されるので、受胎率が高く発情中は何度でも交配の刺激で排卵するために発育の異なる仔猫や雄猫の異なる仔猫を一度に生む可能性もあります。純血種と雑種の猫が同時に生まれてくるのはこのためです。
避妊をしていない雌猫は将来、乳腺腫瘍や卵巣、子宮の病気にかかる確立は高くなります。
特に乳腺腫瘍の場合90%以上は悪性(ガン)です。
   

Copyright (C) Hoshikawa Animal Hospital. All Rights Reserved.